ロープウェイで富士山より高いところへ

ロープウェイでツェルマットを出発

ロープウェイでツェルマットを出発

ロープウェイ乗り場はそんなに混んでいる風でもなく閑散としていました。このロープウェイはマウンテンバイクも一緒に乗っていけて、山の斜面でダウンヒル走行を楽しめるらしい。

ロープウェイの料金はユーレイルセレクトパスの割引も効かず、ロープウェーの往復価格は99CHF(≒1万円)とけっこうお高めでした。うむむ、ここまできて行かない選択はないよなあ。

麓あたりはまだ暖かく、緑も多く花も咲いていたりしていていい景色。

スイス風の家屋

スイス風の家屋

下の方には花畑が

下の方には花畑が

徐々に標高をあげていくと森林限界を突破してごつごつとした岩場になっていきます。遠くには雪を冠した山々が見えてきます。そして谷間には氷河が。・・・って午前中もこんな感じでしたが、空中から見るのもまたいいものです。

だんだん標高をあげます

だんだん標高をあげます

ツェルマットの村が小さく見えます

ツェルマットの村が小さく見えます

途中駅がいくつかあるのですが終点かと思って降りてしまった。あわてて同じチケットを改札に通したら再度搭乗できました。あぶないあぶない、高いチケットだから無効になったら目も当てられません。

途中駅にもそれぞれ見所がある様子。帰りに時間があるようなら寄ってみましょう。

マッターホルンがこんなに近く

マッターホルンがこんなに近く

ロープウェーはシュバルツゼー(Schwarzsee)駅で大きく90度曲がりさらに高度を上げていきます。

雪原をさらに進みます

雪原をさらに進みます

トロッケナー・ステグ(Trockener Steg)駅でロープウェーを乗り換えます。

いままではスキー場にある様な6人乗りの小さなロープウェーでしたが、こんどは30人くらい乗れそうなごついロープウェーです。

乗り継ぎのロープウェーが来るまでプラットフォームで待っていたのですが寒い寒い。午前から引き続き上着をホテルに忘れてきているのです。取りに戻ればよかったんだけど下界は暑かったので忘れていました。せっかく日本からわざわざ持ってきたのになあ。

ロープウェー乗り換え

ロープウェー乗り換え

氷河を眺めながら

氷河を眺めながら

遠くにちらちら見えていた氷河もだんだんと大きく見えてきます。

こんどのロープウェーは窓のガラスがけっこうひび割れていて写真をとるのにちょっと残念な感じ。せっかくずーっと絶景なのになあ。

ついに到着

ついに到着

こんな所をよくもまあ通したもんです、という険しい谷や斜面を超えついに終点マッターホルン・グレシャー・パラダイス(Matterhorn glacier paradise)駅に到着。終点の駅は3883m、つまに富士山の山頂3776mより高いところへロープウェーで来れてしまうのです。

Matterhorn glacier paradise

Matterhorn glacier paradise

乗る前は値段が高いなあと思っていたのですが、ここまで絶景が続くうえにここまで標高の高いところまで来られるというのは、値段なりの価値があるなあと思いました。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中